原因と対策

食べ過ぎはニキビの原因【食べる量を減らす方法はスピードにあり!】

Pocket

皆さんはいつもどのぐらい食べていますか?

お腹いっぱい?腹八分?それとも120%?(笑)

いつも腹が破れるほど食べている人!そんな人に要注意なのがニキビなどの肌のトラブル!

今回は、食べ過ぎがなぜ体に悪いのかと、その対策について紹介したいと思います。

食べ過ぎると胃や腸の働きが弱まる

食べ過ぎるとニキビや肌荒れが起きやすいと言われています。

どうして食べ過ぎはよくないのでしょうか?

食べ過ぎ・・・つまり暴飲暴食が続くと、胃や腸に大きな負担がかかります。

そして、負担がかかることによって、機能が弱まり、肌や体に栄養が届かなくなったり免疫力が弱まったりします!!!

加えて、胃酸の分泌が乱れ、消化酵素を分泌するすい臓の働きも低下し、消化不良が起こりやすくなります。
*にんにく、唐辛子など刺激の強い食品や脂肪の多い食品の食べすぎ、アルコールや炭酸飲料などによって、胃酸の分泌が乱れやすいと言われています。

これらがニキビ肌荒れに繋がっていくのです!

ニキビや肌荒れの原因となる理由

胃や腸の働きが弱まり、消化不良栄養の不届き免疫力の低下が起きることで、どのようにニキビや肌荒れに繋がるのか見ていきましょう。

消化不良によって毒素が発生

消化不良が起きると、胃の中に消化されなかった不要物が残ります。

この残った不要物が毒素となって体を巡って堆積するのです!!!
*具体的には過剰なコレステロール中性脂肪などいろいろな形で血管やリンパ管、腸管、各臓器に蓄積されたり、毛穴をとおして体外に追い出そうとします。

そして、血液中や皮膚に毒素が溜まることで、皮膚の状態や抵抗力が低下し、アクネ菌などに感染してニキビが出やすくなるのです

不要物は排泄物にならないの?

確かにう〇ことして出ていきそうですが、実際はそうではないようです。
分かりやすいものとして、舌苔は不要物が舌に排泄されたものとも言われています。
体調が悪い時、食べ過ぎ、消化の悪いものを食べたときなどは翌朝の舌苔がてきめん多くなっていませんか?
逆に、舌苔をチェックすることで、前日の食事の取り方が適切だったか、消化の具合がどうかがわかるので、参考にしてください。

栄養の不届きによる肌機能低下

胃や腸の機能が低下すると栄養を十分に吸収できなくなります

そして、肌に十分な栄養が届かないようになり、肌の機能が低下

代謝が落ち、ターンオーバーが乱れ、ニキビができやすくなります。

免疫力低下による菌の増加

胃や腸の機能が低下すると体全体の免疫力が落ちます。

そうなることで、肌に普段から存在している常在菌に感染してまうようになります。

つまり、ニキビの原因菌である「アクネ菌」や皮膚炎の原因菌の「黄色ブドウ球菌」に感染しやすくなり、肌トラブルが起きやすくなるのです。

私が実践している食べる量を減らす方法

では、食べ過ぎないように、食べる量を調節するにはどうしたらいいか!

私が実践している効果があった方法を紹介したいと思います。それは・・・

食べるスピードを意識して食事すること!

食べる速度を意識することを心がけましょう!!!

これが食べる量を調節する最も効果的な方法だと思います。

私は、もともとラーメンを食おうと思えば4杯ぐらい食べれるくらいのスペックの持ち主だったのです(笑)。

そんな私が食べる速度を意識することで、一回の食事の量が、ごはん一杯でも満足できるようになりました

食べる量を減らしたいとき:とにかくゆっくり食べる

食べる量を減らしたいときはにかく!と・に・か・く!ゆっくり食べましょう!!!

これで、おなかの満腹感をかなりコントロールできます!

大食いの人たちを考えてみてください。皆さん食事のスピードがかなり速いですよね。

食べないようにするには、その逆!遅くすればいいのです

小食の人って、これでもかってぐらい食べる速度が遅いですよね!そういうことです!

とは言え、多少の慣れが必要です。最初はちょっと物足りない感がありますがそのうち慣れます。

ゆっくり食べるコツとして、以下のものがありますので参考にしてみたください。一つでも実践すればかなり速度が遅くなります。メリットも載せますので、モチベの足しにしてください(笑)。

ゆっくり食べるコツとメリット

ゆっくり食べるコツ

  • 一口の食べる量を減らす
  • 食べ物を噛む回数を増やす
  • 何かしながら食事する(行儀が悪いので、外ではやめましょう)

ゆっくり食べるメリット

  • 消化にいい
  • 食費が減る
  • ダイエットになる

どうしてもたくさん食べたい場合はどうする?

どうしても、たまにドカ食いしたくなる時があると思いますが、そういうときは食べちゃいましょう。

我慢しすぎても逆にストレスになってよくないですからね。ただし、たまにですよ!たまに!

封印を解く感じで、早食いを解放するのです(笑)。

それに、食事する量が減ってくると胃の消化機能もそれに慣れてきます。その状態でたまにドカ食いすると腹壊すので、勝手にドカ食いすることもなくなると思います(笑)。

まとめ:適度な食生活を!!!

ここで言いたいことは、食事の量を思いっきり減らせ!ということではありません。

食べ過ぎないぐらいの適度に食べて、ニキビや肌トラブルをなくそうということです。

その方法はとにかく食事のスピードを意識すること。

最初の頃は、慣れないかもしれませんが、徐々に慣れてきますので根気強くやりましょう。

胃や腸に負担のかからないような、無理のない食生活を送ってくださいね~!

-原因と対策
-,

© 2020 Men'Sもんもん ~ニキビを治して美容と健康を手に入れろ~ Powered by AFFINGER5